top of page
検索
  • 林 雄基

埋設配管

(*_*)久しぶりのブログになります。

今回は、某公共施設の埋設配管工事です。

ざっくりの内容を言いますと、既存のキュービクルから

新しく建てる建物に電源を供給する工事です。

下の写真の奥にあるキュービクルからユンボで掘削!

掘削しながら配管を転がしていきます。

配管の上から地表まで600mm確保せよとの事なので

700mmくらい掘って上のような感じになります。

距離が長いので、中間にハンドホールを入れます。

間にハンドホール入れないといけない決まりがあるのは勿論ですが

配管の距離が長すぎると、通線が大変、もしくは電線が通らない?!

なんて事にもなりかねません・・。


ハンドホール据え付けたら上の写真のように配管つないで

さらに先に進んでいきます。

ちなみに配管した後は埋めて先に進むのですが

写真撮り忘れました・・(^^;

まだまだ長いですね~

配管をキレイに並べていきます

その後は埋めます!

写真あったーー!

上の写真のように半分埋めたら埋設シートを転がしてから全て埋めます。

埋め終わったら、配管ルートの上に写真のようなコンクリート製の埋設表を仕込み

この下に配管が埋設されていすよ!と、アピールしときます。笑


以上で今回の記事は終わりになります。

施工後の写真が無いのが残念・・(;;)

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page